このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

トップページ > 三重ブランド > お知らせ > 伊勢志摩サミットで三重県の食材に世界が注目

伊勢志摩サミットで三重県の食材に世界が注目

 伊勢志摩サミットで、G7各国首脳のワーキングランチ及びワーキングディナー等の機会に、三重県を代表する食材として、伊勢えび、あわび、松阪牛、伊賀牛、熊野地鶏等、三重ブランドに認定されている食材が、多彩な料理で提供されました。
 ワーキングディナーのメニュー(抜粋)
  ・伊勢海老クリームスープ カプチーノ仕立て
  ・鮑のポワレ あおさ香る鮑のソース
  ・松阪牛フィレ肉 宮川育ちのワサビを添えて

 G7各国首脳が堪能した三重県の食材の素晴らしさに、世界中から注目が集まっています。
ぜひ、三重県に足を運んでいただき、豊富な海の幸、山の幸などを育む豊かな三重県の自然と、その力を引き出す知恵「自然を生かす技術(人と自然の力)」が脈づいている三重ブランドの食材を使った料理のおもてなしを体験してください。

乾杯写真

写真は三重の食材紹介パンフレット「三重を旅する?Food trip to MIE」より

「三重を旅する?Food trip to MIE」(pdf)

三重県には、三重ブランド以外にも魅力的な食材がたくさんあります。
パンフレットでは旅先の様々な場所で、その地域ならではの三重の食材の魅力を発見する楽しみ方を、女子旅のストーリー形式で提案しています。
 
ページのトップへ戻る