このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

岩がき

平成26年度認定
三重ブランドには自然を生かす技術が脈づいています

【平成26年10月2日認定]

岩がき 認定事業者

的矢湾あだこ岩がき協同組合

岩がき         

認定事業者

的矢湾あだこ岩がき協同組合

【認定事業者詳細一覧へ】

 ページのトップへ戻る

 岩がき

 岩がきは、春から夏が旬の大型のかきで、北海道南部から本州沿岸の外洋に面した沿岸域に分布し、深い岩礁に生息している。岩がきの身は、夏季でもグリコーゲン含量が高くて美味しいため「夏がき」の異名があり、人気がある。真がきと比較して、身も大きく、濃厚でクリーミーな独特の味とコクがある。市場に出回っているものは、天然で漁獲されたものが多いが、近年、養殖が盛んに行われるようになってきており、身入りの良さや均質性などから、養殖ものの評価が高まりつつある。

 的矢湾あだこ岩がき協同組合が評価されたポイント

(1)

高度な天然採苗及び養殖方法を独自の工夫により確立し、的矢湾内で一貫生産を行うなど、自然を生かした生産技術を確立するとともに、海の環境を守るため「海藻との複合養殖」の取組を行っている。 

(2)

タグ装着で他地域との差別化を図るブランド戦略に加えて、組合員毎に色分けしたタグ装着を実施することでトレーサビリティでの信頼性を確保しており、卸売市場での評価も高い。 

(3)

 浄化方法において、高圧洗浄と紫外線殺菌海水処理に加えて、独自に真水浸透圧処理を併用することで、衛生管理を徹底している。

(4) 卸売市場を中心とした需要に対応した生産漁場を確保するとともに、若手後継者の育成など将来性が見込める。
  • 的矢湾あだこ岩がき協同組合

鳥羽市畔蛸町164-1 
TEL:0599-33-6833        

「岩がき」ブランド認定に対する考え方 

ページのトップへ戻る